2012年 11月

人面瘡 人間椅子 (スタジオライブ)

 

これは お宝映像ですね。

うちにもVHSビデオで保管されています。

人面瘡は「人間椅子」という今は幻との言われているイカ天レーベルのアルバムの中にも収録されている曲です。

もちろん、イカ天レーベルは買いましたよ。
ローソンで取寄せでしか変えなかったんです。

もちろん、原宿のイカ天ショップに行けば変えましたが・・・

 

このイントロは、大好きで、キターで何度も練習してみましたが、

当たり前ですが、あんな綺麗な音はなかなか出ませんでした。

 

人間椅子倶楽部の番組中に流れたものです。

和嶋さんの目玉おやじの目は、自分たちで作ったものです。

番組の中では、目玉の制作風景も放送されました。

最初、顔を出す穴が小さく、ギターが見えなかったので、
大きく穴を開け直したものです。

演奏は、完全コピーで、素晴らしいですねー。

  ゲゲゲの鬼太郎 人間椅子  カバー

人間椅子「天才バカボン」

 

人間椅子倶楽部の中で放送されたものです。

和島さんの格好は、全くの下着姿ですね。(笑)

 

 

演奏後のトークの時の和嶋さんを描きました。

何で よりによって、この姿の和嶋さんを描いたのかって

人から 言われました。

他の人は、そう思うのか・・・って、改めて思いました。

私は、この衣装が、いい意味で違和感なくお似合いで、

このなんとも言えず、とても いい表情してる和嶋さんをぜひ描きたいという衝動にかられたから描きました。

だれが何と言おうと、私は、この和嶋さんの絵は大好きです。

この「天国へ結ぶ恋」は、かつて起こった坂田山心中事件という心中事件を題材にした映画が元ネタのようです。

当初、身元不明だった男女二人の死体を、あるお寺で仮埋葬していたのですが、女性の死体だけが掘り起こされ、誰かに持ち運ばれてしまったそうです。新聞でも話題になり、身元調査をした結果、男は華族、女も良家の子女で、さらに処女だったことがわかりました。
当時、新聞は、この二人の純愛を「天国に結ぶ恋」と讃え、一面に載せ、世間でもこの二人の純愛を褒め称え、映画にまでなりました。

人間椅子の曲の歌詞は、放送コードに引っかかったのか、2つのバージョンがあります。
ライブでは オリジナルのバージョンで歌われることが多いようです。

たしかに「君の右手を壜(ビン)に詰め」るというのは、放送コードに引っかかるでしょうね。
「君の和毛(にこげ)を壜に詰め」るのだったらOKでしょうね。
人間椅子 天国に結ぶ恋
 

 

当時 録画していたビデオから描きました。
貴重な「髭なし和嶋」像です。

 

無限の住人ツアーin弘前

1996年10月10日 弘前文化センター
テレビの画像が悪い中 描いた絵です。  
「針の山」は、1990年にリリースされたアルバム「人間失格」に収録されています。  

「針の山」は、“Breadfan”の歌詞を変更したカバー曲で

ライブでも演奏されていて、非常にノれる曲で、大好きな曲です。

和嶋さんのギターソロは絶品です。

 
針の山
 


針の山を歌っている鈴木さんを描きました。

多分 これは、テレビに出演された時の録画からだと思います。

当時は、イカ天バンドも中では 人間椅子は、メジャーなバンド扱いされていたようですね。

 

イカ天に初出演した時の動画です。

非常に初々しいですね。

今では 司会は鈴木さんと 自然に決まっている感じですが、

当時は、和嶋さんの方が よく話をされていますね。

この映像は、当時録画してイカ天を見ていたので

うちのDVDにも収められています。

非常に懐かしいです。

 
  当時の画像の悪いDVDから描いた絵です。 B2サイズです。  

映像

  • 遺言状放送
  • 怪人二十面相
  • 見知らぬ世界
最初は全てVHS版で発売されました。
「遺言状放送」は無変更でDVD再発。
「見知らぬ世界」にはビデオ以後に発売された楽曲「東洋の魔女」と「洗礼」のPVを新たに収録して再発。
「怪人二十面相」は再発されていません。
  • みうらじゅんのマイブームクッキング2 Vol.2
「参鶏湯」の回にメンバー全員が登場  

書籍

  • ブリティッシュ・ハード・ロック(シンコ—ミュージック・エンタテイメント刊)
和嶋さんと鈴木さんによるディスクレビューが掲載されています。
  • バンド・スコア 人間失格
    • 現在では廃盤

雑誌

  • 高円寺フリーペーパー「SHOW-OFF」
ナカジマノブによる「エンジーかけこみ寺っ!!」連載あり。 VOL.22ではメンバー全員が表紙に登場しました。    

TV番組

  • 人間椅子倶楽部(1995年7月 – 1999年4月:毎週日曜24:30 – 25:00)
    • 地元青森ローカルで放送されていたテレビ番組です。 弘前のライブハウス「亀ハウス」にて収録されていました。 前半はメンバーのフリートーク(視聴者からの葉書が読まれることもあった)、後半はスタジオでの演奏、という構成でした。
私の地元の放送局に 地元のライブの前後どっちかに テレビ出演されたことがあります。 視聴者プレゼントがあって、1名様限りのポスターが当たったことがありますが、 応募者が少なかったからでしょうか? いや、運がよかったからでしょう。   ウィキペディアを参考にさせていただきました。

ベストアルバム

・1994年 ペテン師と空気男〜人間椅子傑作選〜 ・2002年 押絵と旅する男〜人間椅子傑作選 第2集〜 ・2009年 人間椅子傑作選 二十周年記念ベスト盤

オムニバス参加アルバム

・1989年 IKA-NIGHT TEN-NIGHT LIVE AT MZA

シングル

  • 夜叉ヶ池 (C/W 人面瘡)
  • 幸福のねじ(C/W 平成朝ぼらけ)
  • もっと光を!(C/W なまけ者の人生〈シングルバージョン〉、大予言、もっと光を!〈カラオケ〉)
  • 刀と鞘(C/W 桜下音頭、桜下音頭〈カラオケ〉)
この他に、アルバム「人間失格」の販売にあたり製作されたプロモーションシングル(カセット)があるようですが、残念なことに非売品だそうです。 ウィキペディアを参考にさせていただきました。

上館徳芳

第一期ドラムス(1987年 – 1992年)
コージー・パウエルに影響を受けていて、重いタイム感と抑制された手数で、
鈴木さんのうねるようなベースラインと非常によい調和を醸しだしていました。
人間椅子の楽曲の作詞・作曲はしませんでした。

 

後藤マスヒロ

第二期・第四期ドラムス(1993年 – 1995年・1996年 – 2003年)
他の歴任者と比較して手数足数が非常に多く、
人間椅子の持つプログレ的感触をたくみに引き出すのみならず、
スローなナンバーにおいても不即不離のまま躍動感や細かなニュアンスを付加するなど、音楽性への貢献も大きかったです。
The ピーズ脱退後、4枚目のアルバム『羅生門』にサポート参加。その後は7枚目『頽廃芸術展』から『修羅囃子』までは正式メンバーとして参加し、幾つかのレパートリーの作曲やリードヴォーカルも担当しました。
ライブでのはボケ役としても活躍しました

 

土屋巌

第三期ドラムス(1995年 – 1996年)
テクニック的には他のプレイヤーに譲るが独特の味わいが濃く、
和太鼓のような溜めを効かせたプレイで参加作品に特に色濃かった「見世物」や「和」の要素を演出しました。
『踊る一寸法師』『無限の住人』の二作に参加しました。
その後引き継がれる「ドラムスが歌う」スタイルはこのラインナップでの楽曲「三十歳」が嚆矢です。

 

ウィキペディアを参考にさせていただきました。

ナカジマノブ (なかじま のぶ)(ドラムス&ボーカル)

・本名 中島慶信(なかじま よしのぶ)

・誕生日 1966年9月20日

・出身 東京都杉並区

・愛称 「ノブ」あるいは「ノブさん」、「お兄ちゃん」

・血液型 A型

・星座 乙女座

・好きなもの ハンバーグや肉のほか、日野日出志、時計集め、おもちゃ集め等々

2代目イカ天キング GENの元メンバー
イカ天の審査員もしていました。

ドミンゴス解散後、2004年6月に人間椅子のドラマーとなりました。

シンプルなセットから繰り出すラウドでキレのいいドラミングは魅力です。

前任のマスヒロさんとは全く違ったタイプのドラマーで、ロックン・ロール的ノリが得意とされています。

したがってノリのテンションの高さはピカイチで、絶叫シャウトも絶妙です。

また、三者ともボーカルもやっていますが、ノブさんのスタイルは、
二人と比べると滑舌が良いので、それを活かした明朗なスタイルです。

ノブさんは歌がうまいので、和嶋さん作詞で鈴木さんが唄っていた「道程」を、

和嶋さんと鈴木さんからの申し出てノブさんの定番になりました。

「ドラマーも唄う」人間椅子の伝統は、またノブさんにも引き継がれました。

・性格 あの天真爛漫な和嶋さんが「…子供っぽい?」と言うくらい、人間椅子史上初の非常に明るい前向きな人です。

・その他の活動 「ナカジマノブの音楽侍」(埼玉テレビのお昼番組「ひるびん」の1コーナー)で、コーナーの司会を担当しています。

ソロライブや、「華吹雪」ほか多数のバンドに参加しており、
月に10 本以上のライブをこなすこともあります。

 

ウィキペディアを参考にさせていただきました。

最近の投稿

アーカイブ

最近のコメント

    スポンサードリンク