人間椅子の誕生~イカ天~の歴史 1

人間椅子(にんげんいす)とは、1987年に青森県弘前市で結成された3人構成の日本のロックバンドです。

ギタリストの和嶋さんとベーシストの鈴木さんは、青森県弘前市で
中学生の頃(和嶋さんは市立第三中学校、鈴木さんは市立第四中学校)
から交流があり、高校が同じ青森県立弘前高等学校になったことで、
より親交が深まりました。

和嶋さんのお父さんは国語の教師ということもあり、
幼い頃から文学少年だったそうです。また、お姉さんの影響で
ビートルズを聞いたりギターに触れたそうです。

和嶋さんのデビュー前に作ったオリジナル曲は、
フォーク調のラブソングの「踊り姫」で、
鈴木さんが言うには「進む道を誤ったかもしれない」佳曲だそうです。

鈴木のデビュー前に作ったオリジナル曲は「デーモン」で、
これは、倫理教師だった友人のお父さんの蔵書から歌詞を引用したものだそうです。
そして、それは、後の「マンドラゴラの花」のリフに発展したそうです。
青森県で放送されていたテレビ番組「人間椅子倶楽部」にて、その演奏されました。

高校卒業後、和嶋さんは駒澤大学仏教学部に、
鈴木さんは上智大学外国語学部ロシア語学科へと、
2人は別々の大学へと進学しましたが、
親交が途絶えることはありませんでした。

大学では、和嶋さんは駒沢大学「仏教青年会」に所属し、
鈴木さんは人形劇サークル「チロリン村」に所属し、王子様の役を担当したこともあるそうです。

和嶋さんは、大学卒業が間近となっても就職先が見つかってなく、
レコード店でブルースのレコードを物色している時に
就職活動帰りの鈴木さんと偶然出くわしました。

そして、鈴木さんが「和嶋ァ、わ、やっぱり就職やめで、バンドやるごとにしたじゃあ」と言い、本格的な音楽活動に誘ったそうです。

ちなみにこのとき鈴木さんは日立建機に就職が内定していたにもかかわらず、それを蹴ったそうです。

1987年に、「死ね死ね団」という名のバンドを結成しましたが、
「人間椅子」に名前が変えられました。

1989年、TBS系列で放送されていた深夜番組
「三宅裕司のいかすバンド天国」に「人間椅子」出演し「陰獣」を演奏しました。

その時鈴木さんが着ていた衣装は、使い古して灰色になった鈴木さんの布団の敷布を使って作ったもので、ねずみ男にしか見えませんでしたが、
ジェネシス時代のピーター・ガブリエルを意識した物だったそうです。

それで、色物バンドと思われましたが、非常に卓越した演奏技術を見せつけ、辛口の審査員たちからも番組史上でも数少ない“青ランプ連発”で絶賛され完奏しました。

なおこのとき審査員たちが彼らの音楽に対して「文芸ロック」という呼び名をつけました。

バンドブームに乗じて 日本で数少ない70年代基調のハードロックバンドとして認知されましたが、ブーム終息後は、ドラマーが代わったり、インディーズでの活動を余儀なくされました。

しかしアウト・オブ・デイトな音楽性を堅持し続けながらバンドは存続し、結成から二十五年を経た現在もコンスタントに活動中です。

 

ウィキペディアを参考にさせていただきました。

 

スポンサードリンク

 

 

最近の投稿

アーカイブ

最近のコメント

    スポンサードリンク