1999.5.30 人間椅子 「テレビせとうち」テレビ出演の報告

「テレビせとうち」テレビ出演の報告 1999.5.30 「Free Pass」 人間椅子特集
Free Pass という日曜の深夜にある15分の音楽番組で、今回は「人間椅子特集」でした。
ちなみに、去年は、3組一緒でした。
やっと、岡山でライヴがあった訳わかりました。そして、来年もまたこの時期に来るって、
言ってくださいました。「テレビせとうち」様々です。

簡単に内容お知らせします。
「都会の童話」が流れ、ライヴの様子などの映像の途中に、メンバー個人と、人間椅子の
プロフィール、 Disco graphy が紹介されました。

インタビューは、どこかの部屋かなんかの角に、マスヒロさんを真ん中にして、
身長を合わせて並ばれ、下からカメラであおるという映像でした。
簡単なメンバー紹介があって、十周年だということ、また、バンド名の由来など、
話されてました。
途中から、バックは、「りんごの泪」「夜叉ヶ池」のプロモが結構長く流れた後、また、
インタビューの続きです。

十周年を迎えてってことで、「生活は向上していない」「だんだん苦しくなっていく」
「生活のレベルが下がって行くのに、耐えられるかどうかが、バンドの存続にかかっている」
「きれい事をいって解散したバンドも、解散理由は、経済的な理由が多いんじゃないかな」
などなど。

「生活レベルが下がっても耐えられる」バンド「人間椅子」ばんざい!!!!

あと、池田貴族さんのアルバム「MiYou」に参加されていることも、文字で紹介がありました。
そして、最後に「幽霊列車」について、音の効果とか、
「あの世のなつかしい人にも、この列車にのったら、会いにいける」という唄の内容の紹介
があり、「幽霊列車」のほぼ完全であるであろう プロモーションビデオがながれました。

鈴木さんが、あちこちで言ってらっしゃるクイズ、ここでも言ってらっしゃいました。
「今回のアルバム制作にあたり、ベースアンプを新調しました。さて、この(アメリカンペグ社製)
V4Bを使って演奏した2曲は、どれでしょう。当たった方には、私が永年使っている
ベースを差し上げます。欲しい方は、どんどん応募してください」
「まだ、誰も正解者がいないどころか、応募者もいません」とのことですが・・・

鈴木さん、ベースあげる気ないでしょう。
だって、どこに応募するのか、いつも、言ってないんだもん。

画面上に、つぎのようなテロップが流れました。
「クイズの正解者の中から、何名かに、ありがたいグッズが抽選であたります」
てことは、やっぱり、ベースは、あげないってことかいな。ね~、鈴木さん。
それでもって、応募先、ここでも、書いてないし、番組の終わりにも、何ともいってなかったです。
だがしかし、一応テレビせとうちの住所、おしらせしておきますね。
わかった方は、応募してみてください。

〒700-8523
岡山市野田5-8-8
テレビせとうち
  Free Pass


 
プロモーションビデオについて

プロモーションビデオは、電車の中にドラムも持ち込み撮影されたものです。
透明な画像と、実像の演奏風景がところ狭しと繰り広げられました。
マスヒロさん、とびはねながら?の、大熱演です。
途中、カメラに迫ってくる、度アップの和嶋さんが、もう~・・・・

和服姿の和嶋さんが乗客役で、おばさんと、向かい合って座られ
律儀に、何度も、お辞儀してらっしゃいました。
マスヒロさんの車掌も、帽子をわざわざとって、ひとりひとりに、ご挨拶。

このお二人の乗客、あの世に行かれるのかな?
透明じゃないし、にこやかにされてるから、あの世に行った、懐かしい方に
会いに行かれてる途中なのかな?

そのうち、おばさんがみかんをひとつ和嶋さんにあげられたのですが、
そのみかんを、ひとりで、だまってむいて食べるという光景が、
なんだか、ほほえましくて、つい、わらっちゃいました。ごめんなさいです。m(u_u)m

鈴木さんは、おでこに三角の布「紙烏帽子」をつけた 白いお着物姿の幽霊役です。
透明で、出たり消えたり。乗客からは、見えない設定みたいです。
亡くなった鈴木さんに、和嶋さんが会いにいかれているんでしょうか。
鈴木さんは、待ちきれずに、そわそわと、和嶋さんのまわりに、出たり、消えたり・・・・
和嶋さんの、向かい側に座られたり、和嶋さんが座られそうな座席に、前もって
座ってらして、「さあ、だっこするから、お膝にすわって、」と言わんばかりに、
和嶋さんが、お膝に座られるのを、待ってらしたりと・・・・・

きわめつけが、SG持ったままというか、肩からさげたまま、電車の吊革に
片手で捕まって、揺れながら、サピの部分を歌われる和嶋さんです。
いや、もう~、見るなって言う方が無理っしょ。○○○。わお~っです。

片手吊革で、揺れ動きながら歌われる、その映像に、ツボ おされまくりで、
いやはや、もうなんともかんとも、笑いがこみ上げてきて・・・・・

途中、汽車が走っている映像や、車輪だけの映像も織り交ぜ、全体的には、
ほのぼのしてて、牧歌的で、芸術的な、綺麗な作りになってます。

是非これは、世の中の多くの人に見ていただきたいと、思いました。
岡山と香川だけでは、もったいないです。
今度、神奈川のTVKでも、流れるんですよね。
見れる方は、忘れずに見てくださいね。

 

スポンサードリンク

 

 

最近の投稿

アーカイブ

最近のコメント

    スポンサードリンク