人間椅子 歴代 ドラマー

上館徳芳

第一期ドラムス(1987年 – 1992年)
コージー・パウエルに影響を受けていて、重いタイム感と抑制された手数で、
鈴木さんのうねるようなベースラインと非常によい調和を醸しだしていました。
人間椅子の楽曲の作詞・作曲はしませんでした。

 

後藤マスヒロ

第二期・第四期ドラムス(1993年 – 1995年・1996年 – 2003年)
他の歴任者と比較して手数足数が非常に多く、
人間椅子の持つプログレ的感触をたくみに引き出すのみならず、
スローなナンバーにおいても不即不離のまま躍動感や細かなニュアンスを付加するなど、音楽性への貢献も大きかったです。
The ピーズ脱退後、4枚目のアルバム『羅生門』にサポート参加。その後は7枚目『頽廃芸術展』から『修羅囃子』までは正式メンバーとして参加し、幾つかのレパートリーの作曲やリードヴォーカルも担当しました。
ライブでのはボケ役としても活躍しました

 

土屋巌

第三期ドラムス(1995年 – 1996年)
テクニック的には他のプレイヤーに譲るが独特の味わいが濃く、
和太鼓のような溜めを効かせたプレイで参加作品に特に色濃かった「見世物」や「和」の要素を演出しました。
『踊る一寸法師』『無限の住人』の二作に参加しました。
その後引き継がれる「ドラムスが歌う」スタイルはこのラインナップでの楽曲「三十歳」が嚆矢です。

 

ウィキペディアを参考にさせていただきました。

 

スポンサードリンク

 

 

最近の投稿

アーカイブ

最近のコメント

    スポンサードリンク